市場調査に用いられる方法について

消費者が求めている商品を求めている場所で売ることが商売においては非常に重要となります。特に競合相手がたくさんいるような状況では価格競争だけでは業界が疲弊してしまいます。そこで多くの企業では市場調査を行って効率的な生産、販売に繋げています。
市場調査の代表的な方法の1つにアンケート調査があります。アンケートにおいてはいくつかの項目を設定する必要があります。アンケートのメリットは何と言ってもコストの安さ、答えてもらう方々の幅広さです。回答する側にとっても手間がかからないので、気軽に依頼しやすい方法と言えます。しかし、アンケートに答える際にどんなことを考えていたかはその書面だけでは判断がつかないケースもあります。項目の設定の巧さも重要となります。

精度の高い調査結果が得たいなら対面調査

市場調査の中でも得られる情報量の質が高くなりやすいのが対面調査です。対面調査は調査する側とされる側が一対一で行う調査です。調査される側の様子などを見つつ、質問内容を変えることもできるので柔軟な調査が可能になります。調査する側はには一定の技量が必要となるので、企業が調査員を雇うケースもあります。アンケートに比べると協力者を集めるハードルは上がることに注意しておきましょう。
食品メーカーなどでは対象となる人数があまりにも多いため、対面調査では情報のスムーズな収集が難しくなることもあります。逆に客単価の高いサービス業であれば、アンケート調査以上に有益な情報を得られる可能性があります。さらに、答えてくれた方にクーポンを配布するなどサービスを行う方法もあります。

郵送調査と電話調査のメリットについて

今ではインターネットなどで簡単にアンケートが行えるため、少し数は減ってきましたが郵送調査や電話調査などが行われるケースもあります。郵送調査は基本的にアンケート調査とよく似ていますが、会員や購入したことのある方など、ある程度絞って行うことができます。家での回答となるため、店頭でのアンケートと比べると少し複雑な内容とすることもあります。郵送費用がかかってしまうことには注意が必要です。
電話調査は1人1人に電話をかけて調査をする手法です。こちらは対面調査のように質問内容を柔軟に変えられるというメリットがあります。しかし、販売メーカーなどからかかってきた電話を営業電話と勘違いしてしまうケースが多かったり、不在であったりとなかなかスムーズな調査が行いにくいデメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加