市場調査のターゲットの絞り込み方

現在の市場には様々な商品が出回っており、よほど希少性があるもの以外は他者との競争に勝たなければ安定した売り上げを確保することができません。そこで重要になるのが市場調査です。いかにマーケティングを行うかで競争を有利に進められるかが変わってきます。商売を始めて最初からターゲットを絞れるというケースもあまり多くありません。出来るだけ多くの方に売り込みたいという考えからマスマーケティングという形式を取ろうとします。 例えば、飲料水を売るのであれば、飲料水を購入する全ての方にとって自社の商品を好きになってもらおうとします。しかし、人々には趣味趣向があるので実際に全ての方に気に入ってもらえることは容易ではありません。そこで商品のサイズや味などを工夫し、多様なニーズに応えられるようします。これを製品多様化マーケティングと言います。

ターゲットマーケティングの手法

製品多様化マーケティングを行うと、製品に様々な種類を用意しなければならなくなるのでコストが高くなります。そこで多様化した製品の中であまり人気にならなかったサイズ、味などは改良をしなければなりません。そこで市場調査を行う必要があります。すると、特定の製品を強く求めている層が存在していることが見えてきます。その層に対して特別にターゲットを絞って行うのがターゲットマーケティングです。 例えば、飲料水の中で特に炭酸が好きな方に対して、自社の製品を炭酸にしたものを売るといったことが考えられます。その後、どういった評価を受けているかを調査します。絞った層に評価を受けていなければ、その製品の販売を中止するか改良する必要があります。ただ自社が狙っていない層にヒットする可能性もあります。

ワン・トゥ・ワン・マーケティングの手法

昨今では顧客のニーズが極めて多様化しているのでセグメントに絞ることは難しくなっています。そこでワン・トゥ・ワン・マーケティングという手法が広まりつつあります。ワン・トゥ・ワン・マーケティングとは顧客1人1人を企業が把握するというマーケティングの方法です。1人1人の趣味や趣向が分かっていれば、より効果的な商品飯場が行えるのは明白です。これは最近、インターネットやSNSなどを駆使することで現実的になってきた手法です。 顧客1人1人を把握するには大雑把なアンケートだけでなく、実際に直接話しを聞いたりすることが有効です。コストがかかる市場調査になるので、顧客1人あたりの単価が高くないとなかなか難しいという実情があります。美容室やマッサージ店などでは比較的簡単に行えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加